原発事故による放射能漏れとその影響は、日本人なら誰もが気になるところでしょう。放射能は老化を促進するともいわれていて、美容面を気にする女性たちにとっても大きな関心事の一つと思いますよ。では、放射能(放射線を出す能力を指す言葉であって、放射能物質をいうわけではありません)が老化を促進するとはどういうことだといえるのではないでしょうか?そもそも、老化とは細胞の再生力が落ちることをいいます。また、細胞が再生される際の遺伝子情報が正常にコピーされにくくなるという現象も起こり、これらが癌の原因となるになるのです。放射能(放射線を出す能力を指す言葉であって、放射能物質をいうわけではありません)に含まれている放射線はDNAを破壊しますから、ただしいDNAを持った細胞が再生されなくなってしまうのです。つまり、老化と同じような現象が起きてしまうと言う事なのです。チェルノブイリの事故でも、汚染地域に暮らしていた住民たちの急速な老化が報告されており、子どもたちにも老人に多く見られるような疾病が患う例が多いということです。人間の細胞は、常に死んだ細胞が新しく再生された細胞に置き換わることで生命を維持しています。再生される際には、全く同じ遺伝情報をもった細胞がコピーされなければなりません。でも、加齢によってこの能力が落ちてくると正常にコピーされなかったり、新しく細胞ができるのに時間がかかったりして徐々に劣化していき、体全体の能力も低下してしまいます。そして、一定量以上の放射線を浴びることによって、若い人でも子どもでもDNA自体が傷つけられてしまうため、新しい細胞が正常に再生できなくなってしまうのですー